治療費が高額になる場合

100万円を超える治療費

見た目を綺麗にすることを目的とした歯の治療は、保険を適応させられません。
ですから費用が、100万円近い金額になることが多いです。
しかしかなりの大金なので、支払うように言われてもなかなか用意できないでしょう。
そのような人のために、ローンを組めるシステムがあります。
それをデンタルローンと呼び、歯医者や銀行で組めるので存在を覚えておきましょう。

デンタルローンを組んだら毎月数万円など、少ない金額を長い年月をかけて支払ってください。
分割の金額や返済期限は治療費によって変わりますが、大抵は2年から3年かけて支払う形になります。
このような方法で支払いを済ませられるので、見た目を気にしている人は遠慮せず審美歯科を利用しましょう。

歯医者でしか使えない

デンタルローンは、歯の治療をする時にしか使えません。
ですから歯の治療をして、余った金額で家電や家具などを買いたいと思ってもできないと覚えておきましょう。
余ったお金を別のことに使えるようにしたいならデンタルローンではなく、カードローンやフリーローンを使いましょう。

デンタルローンで借りた金額は、必ず返さなければいけません。
ですから返済計画を考えた上で、利用してください。
返済が滞るとトラブルが起こりますし、自分の社会的な信頼を失ってしまいます。
そのため今度別の目的でローンを組みたいと思っても、貸したお金を返してもらえない可能性が高いと判断されます。
つまりお金を貸してもらえなくなるので、確実に返済しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ