デンタルローンを組める人

返済の負担が少ない

カードローンやフリーローンに比べて、デンタルローンは金利が低く設定されています。
ですからたくさんお金を借りても、返済があまり負担になりません。
さらにデンタルローンは、借りられる上限金額が500万円とかなり高額です。
審美歯科は、1本10万円から30万円ほどすることもあります。
すると複数の歯を治療したら、簡単に数百万円という金額に達してしまいます。

他の種類のローンだと借りられる上限金額が少なく、治療費を補えないかもしれません。
ですから、デンタルローンを活用しましょう。
審美歯科を受ける時に、どのくらいの費用が掛かるのか聞いてください。
そして全額を一括で支払うのが難しいと思ったら、デンタルローンを組めないか相談しましょう。

安定した収入がある人

利用する際に、審査を受けなければいけません。
審査は、返済する見込みがあるのかという部分を重要視されています。
ですから安定した収入があることと、これまでに携帯電話やライフラインの支払いが滞っていないことが最低の条件になります。
さらにデンタルローンを申し込めるのは、原則的に20歳以上の人です。

しかし20歳以下でも、保護者が代わりにデンタルローンを組むことはできます。
子供が審美歯科を受けたいと言った時は、この方法で支払いの負担を削減しましょう。
またデンタルローンは、追加融資を受ける際は申し込みを最初から行う決まりになっています。
少し手間が掛かりますし、1回目を通過できても2回目の審査を通過できるとは限りません。


この記事をシェアする
TOPへ