申し込める場所を調べよう

特に金利が低い

銀行で、デンタルローンを扱っていれば相談しましょう。
デンタルローンという名前でも、金融機関ごとに金利や限度額が微妙に異なるので、詳しく調べて比較すると良いですね。
自由にローンを選びたい人や使いたいローンが決まっている人は、こちらを選択するのが良い方法です。
信販会社は、歯医者によって受けられるローンが決まっています。

さらにデンタルローンは基本的に金利が低いと言われていますが、銀行は特に低くなっています。
そのため無事に返済できるか不安な人は、こちらを活用するのがおすすめです。
ただ自分で銀行に行って手続きを済ませるので、手間が掛かるという面がデメリットです。
ローンを組む流れを、しっかり把握して申し込みましょう。

審査が比較的緩い

歯医者の受付で申し込めるデンタルローンは、信販会社のローンを利用します。
好きな種類を選択することはできませんが、その場で申し込めるので手軽ですね。
さらにこちらの方法のメリットは、銀行のデンタルローンより審査が緩いと言われる部分です。
そのため社会的な信頼に自信がない人でも、無事に通過できるでしょう。
審査が緩いので、結果が出るまでも早いです。
最短だと1時間で審査の結果を言われて、通過できればすぐその日の治療費を支払えます。

ただ信販会社のデンタルローンは銀行のローンより、金利が高くなるケースが多いと忘れないでください。
かなり高いと金利が10パーセント前後になるので、事前に歯医者で詳しく説明を聞いてください。


この記事をシェアする
TOPへ